What’s New?

2016. 3. 15- 18 (九州大学 伊都新キャンパス)
– 宍戸英彦,亀田能成,北原格,大田友一,”モバイルカメラ映像を補完的に用いた疎に配置した多視点カメラのキャリブレーション”,電子情報通信学会2016年総合大会,D-12-65,2016
– 原崎葵,亀田能成,北原格,大田友一,”高速で移動する物体を撮影した映像に適したフレーム補間法”,電子情報通信学会2016年総合大会,D-12-83,2016
– 張 欣博,大田友一,亀田能成,北原格,”サッカー選手軌跡記録からの試合のVR再体験”,電子情報通信学会2016年総合大会,H-3-12,2016
– César Daniel Rojas Ferrer, Itaru Kitahara, Yoshinari Kameda, Yuichi Ohta, “Players Displacement based on Captured Data in a VR Soccer Training Simulation”, 電子情報通信学会2016年総合大会,H-3-13,2016

2016. 3.10-12(慶應義塾大学 矢上キャンパス )
HAOWEI XU,亀田能成,北原格,大田友一,”監視カメラへの反応の観測による異常行動検知”,情報処理学会第78回全国大会,2N-05,2016

2016. 3. 10 (慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎)
PoTS映像学シンポジウム~自由視点映像/自由焦点映像が切り開く新しい映像表現の地平~ パネルディスカッション「PoTS映像学をどう育て,どう活用して行くのか」のパネリストを担当しました。

2016. 3. 3.
野村総合研究所による「スポーツ×IT教室」(スポーツ分野でのIT活用に関する授業)に技術協力しました。

2016. 2. 25 – 27 (Geneva, Switzerland)
Hidehiko Shishido, Yoshinari Kameda, Itaru Kitahara, Yuichi Ohta,
“3D Position Estimation of Badminton Shuttle Using Unsynchronized Multiple-View Videos”, Augmented Human 2016 (AH2016), poster-47, 2016.

2016. 2. 18
NHK NEWS Web 「“未来の五輪”を東京で」において「試合を“体感”テレビ観戦に革命」と題して自由視点映像について紹介されました。

2016. 2.17-19 (WASM, Kalgoorlie, Australia)
Capturing experiments and research meeting with WASM (Curtin University’s Western Australian School of Mines).

2016. 1. 1 (電子情報通信学会和文論文誌D)
東井隼斗,北原格,亀田能成,大田友一,”ドライバの体感速度変化を促すバーチャルパターン”,電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J99-D, No.1, pp.45-55, 2016. Jan.